ようこそ、プロンプト eコマース 「万年山市場」

ひょうたん

ひょうたん

  • ひょうたん(瓢箪)の種類には大きさや形から、大ひょうたん、百成りひょうたん、千成り(ミニ)ひょうたん鶴首ひょうたんなどがあります。
  • 塗装の有無、栓・房の有無、などで価格が大きく変わります。
     ひょうたんは栽培よりも、収穫から製品になるまでの方が大変手間のかかるもので、全てが手作業になるため、価格に反映されます。
  • ひょうたんが出来るまでは こちら

大ひょうたん

画像の説明

  • 高さが25cm以上のひょうたん大ひょうたんです。
     写真のひょうたんはいずれも30cm近くあります。
    一株で1個か2個を収穫する目的で、摘花や摘果、摘心をこまめに行い注意深く育てていきます。大変な手間と愛情を注がなければ収穫は望めません。
  • 床の間や、リビング、玄関に飾物、置物としての利用や店舗の内外に看板としての利用があります。
  • 楽器やランプシェードなどにそざいとして用いられています。

千成ひょうたん

画像の説明

  • 15cm未満の大きさをミニひょうたんとします。
    種別から千成ひょうたんとよばれますが、ミニひょうたんと言った方がわかりやすいのでは・・。1株から千個なるとの言い回しから来ていますが、実際には50個も採れれば良いところでしょうか。
    「白髪三千丈」のたぐいですね。
     写真のひょうたんは10cm前後で、塗装をし、房もつけています。
  • 携帯やバッグなどの持ち物に紐をつけると、注目されること請け合い!。

百成りひょうたん

百成りひょうたん

  • 大ひょうたんミニひょうたんとの中間の大きさで、種別から「百成りひょうたん」と呼ばれます。一株から百個採れるとの言い回しから来ていますが、実際は5個程度です。数を多く取ろうとするとミニひょうたん近くなり、少なくすると20cmを超えて大ひょうたん近くなります。
    画像は18cmの瓢箪です。
  • この大きさのタイプは、内部を防水処理をしてお酒や飲み物を入れるのに適した大きさで、腰にぶら下げて釣り合う大きさでしょうか。阿波踊りの踊り子が腰にぶら下げているのがこのタイプです。

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional